結婚に焦りを感じている人が多い

2015年の国勢調査では、生涯未婚率が男性23.37%、女性14.06%と過去最高に上昇しました。およそ男性4人に1人、女性7人に1人が未婚なのです。結婚できない焦りからか、最近では婚活が叫ばれています。

コンカツを始めよう!代表する3つの婚活方法

ハート

結婚相談所を利用

最も活用される婚活として結婚相談所への登録が挙げられます。それなりの費用は掛かりますが、結婚相手を見つけるのを目的として、お相手の紹介から成約までのサポートが受けられます。

お見合いをする

相談所や知り合いなどを通して、結婚を前提としたお見合いがあります。仲介する方がいて、当事者同士を同席させてお見合いをします。気に入ればお付き合いを始める事も可能で、効率が良い方法とも言えます。

婚活パーティーに参加

広く結婚相手を探すなら、婚活パーティーを利用するのが良いでしょう。日本人は自己主張と会話が下手だと言われていますが、婚活パーティーでは積極的に会話を行う事が成功のポイントになります。

自分に合った方法を選んで始める

婚活方法はいくつもあります。自己主張が下手で相手探しが難しいと感じるなら、お見合いがお奨め。また、幅広く結婚相手を探したいなら結婚相談所、自分で積極的に探したいと思われる方は婚活パーティーが向いています。自分に合った方法を選びましょう。

コンカツを進める上で大事なことBEST3

相談
no.1

目標を定めておく

自分の結婚相手としての条件をあらかじめ決めておくことは必須です。それぞれ理想を持っているでしょうが、理想を追い求めていては、いつまでたっても相手が見つかりません。一定の条件や妥協できる範囲を定めておけば、スムースに進んでいきます。

no.2

自分を魅力的に見せる

自分が希望するお相手が見つかったとしても、お相手に気に入られなければ全く意味がありません。いかに自分を魅力的に見せるかが大きなポイントになります。会話術から始まりファッションや化粧にまで心を配りましょう。

no.3

相手の人間性を見抜く

自分ではとても良いお相手だと思っても、人間性に問題ありのケースもあります。優しそうに見えても実は冷淡、明るそうに見えてもネクラなど。人間性を見抜くための本などを参考にして、よく観察と分析をおこないましょう。

楽しい方が良いよね!コンカツを進めるときのコツを知ろう

男女

コンカツ疲れをしないように心がけよう

理想に燃えて婚活をおこなったけれど良い相手が見つからない、何度も長期間婚活をしたのに交際にすら進まない、こういったケースは結構あります。こうした事態が続くと自分自身が疲弊してしまいます。原因は、理想が高すぎる、一定の妥協範囲がない、自己主張が下手、自分を魅力的に見せられないなどが挙げられます。最初に目標を定めておき、許容範囲も広くして、交際できるお相手を見つけることが大切です。あまりに気長にいると、婚活疲れして、最後は結婚したくない人に陥ってしまう危険性もあります。